日がな一日 手仕事

ハンドメイドDiary

小さな花刺繍ブローチ 作り方

刺繍ブローチの作り方です。

【用意するもの】

*プラスチックのくるみボタン(裏止めのないタイプ30㎜~50㎜)

*刺繍糸

*ブローチ台

*ブローチの裏に貼る布(端のほどけないフェルトやエクセーヌがお勧め)

【作り方】

少し大きめにあら裁ちした布にお花の刺繍をする。

f:id:noiworks:20200712105303j:plain

 1. 円を二つ書いて中心に向かってストーレートステッチ、好みだが長さや角度をあまり揃えない方が動きがあって良いと思う。

2. 一色めが刺し終えたら、他の色で隙間を埋めるように刺す。

3. 花芯はフレンチナッツ、茎ストレートステッチ、葉はサテンor ファーンステッチで刺す。

 

4. 刺繍が出来たら、周りをぐし縫いして土台を包んで縮める。ブローチ台を付けた裏布を縫い付ける。

↑周りに小さなストレートステッチをすると水玉模様のようになってかわいいです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

ラップで包んだ冷凍ごはんの開け方

ごはんを冷凍するときはどうしていますか?

私はラップに包んで冷凍している。以前はそれ用の容器に入れていたけど、冷凍庫の中で蓋が開いたりするし(100円ショップの安物を使ったせいかもしれないが、、、)量的に合う容器がないので ラップに包んで冷凍することにした。食べる時はこれを電子レンジで温めなおすわけだが、この時ラップが張り付いてどうにも開けにくくなる。老眼が進んでいるので、端が見えないし、本当に苦労していた。

そして大発見‼ ラップで包んだ最後の端にマスキングテープを張り付けてから冷凍する。そうすると解凍した時簡単に開くことができる、その上熱くもなく端をつまめるのだ。

もしかして、こんな事 誰もがしていることなのかもしれないけど、私にとっては大発見、とてつもないものを発明できたような気分だった。

冷凍ごはんとマスキングテープの写真

冷凍ごはんとマスキングテープ

今ではキッチンの隅には、いつもマスキングテープが。ラップで包む度にテープを貼るのは、ちょっと手間なようだが、一度試してみてほしい。温めなおした後が楽になります。

追伸*プラスチック汚染が問題視されている昨今、使い捨てのラップはどうなのか?とも思うので、それについてはもう少し勉強して考えてみることにする。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

刺繍ブローチを作りました

小さなお花の刺繍ブローチを作りました。

刺繍ブローチ

刺繍ブローチ

刺繍ブローチ

刺繍ブローチ

小花刺繍のブローチ

端切れがでると、チクチクと小さなお花を刺繍します。

ブローチに仕立ててみたら、結構人気で(私たちシニア仲間で人気なだけで、若い人に受けるのかは不明ですが、、、)いくつも作ってみました。洋服の生地とお揃いの端切れを使って作ったところ、好評でした。♪

作り方は簡単なので、後日まとめてアップしますね。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

子供の成長は早い

 孫の洋服を作り始めて、子供の成長の早さに改めて驚かされた。

子供服

 娘家族は 遠くに住んでいる。作った服を合わせたくても 途中で合わせることはままならないので、「今どのくらいのサイズを着てるの?」と聞きながら感で作っている。「身長は85㎝になったよ」と言う娘の言葉を信じて90㎝の型紙で作った。いつもの癖でせっかくの手作りだから手仕事もプラスして、なんて欲をだしていたら、時間がかかってしまった。

そしてある日娘からの電話

「また、背が伸びたわ。もう100㎝の服でないとだめだわ~」えーっ!

せっかく作ったのに麻ですよ!刺繍もしたのに!

子供の成長は、本当に早い。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

本の話 トリシアギルド「花を飾る花を楽しむ」

何度も何度も見返すお気に入りの本が誰にでもあると思う。

私にとってそんな本の一つがトリシアギルドの「花を飾る花を楽しむ」lという本。

トリシアギルド 花を飾る花を楽しむ
トリシアギルド・花を飾る花を楽しむ

著者のトリシアギルドという人はイギリス人でインテリアデザインの世界では有名な人らしくインテリアの教科書として日本語訳された本も数冊あるようだ。全部を見たわけではないが、インテリアの本は伝統的なイギリス人好みの感覚と現代的な個性が入り混じったような、まあ素敵な本ではあった。

その彼女が、ただひたすら花を活けた本がお勧めのこの本。花の選び方や飾り方の注釈も書かれているので、フラワーアレンジなどをする人にも参考になるだろうと思う。

実は私は文字はあまり追ったことはなく、ただページをめくり写真を堪能している。花を活けるセンスが良いのはもちろんだが、その背景にあるインテリアや家具や雑貨たちの選び方がこだわりがあり、センスも良く、何よりも花器が素敵だ。

手作りをしたいのにデザインが決まらなかったり、創作意欲がなくなった時などこの本をぺらぺらと眺めて見ていると、気分転換になってモヤモヤが消える。何度も見返しているので本はぼろぼろになってしまったが、友達のような大切な一冊です。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ボストンバッグ 作り方

 パーツの多いバッグを作る時は、完璧に備品を準備してから始める。作っている途中で、持ち手の準備がない、ファスナーの色が合わない等々、問題が起きることがよく合って、その度に時間がかかる。その上やる気が喪失して気分が落ち込むことがあるからだ。今回も備品が多いのでまずは足りないものを調べて買い物からしてきた。(ちなみにピンクのショルダー紐とDカンが手元にないので、買い足した)

ボストンバッグの裁ち図

 *表地には、薄手の接着芯を貼ってから裁断

ファスナー口にファスナーを取り付け、ショルダー用のタブを作る。

表布、裏布とも必要なポケットを付ける。

表布と裏布を中裏に合わせて、仮止めしておく。

 そして、あとは組み立てます。

ボストンバッグの組み立て図

ボストンバッグの組み立て